強力手回し発電器

 仕事でLEDを点灯出来る手回し発電器を製作しました。LEDでは物足りないのでAC100Vの電球を光らせられるかどうか挑戦して見ました。
いろいろ実験した結果を4個の磁石を取り付けた2枚の鉄の円盤を向い合せにしてその間に4個のコイルをサンドィツチにした構造がベストでした。この様にすると磁力線が閉じ込められて発電効率が良くなります。
コイルは直径0.5mmのウレタン線を直径50mm内幅10mmのボビンに巻けるだけ巻き、ボビンから外した時にほどけないように接着剤でかるく固めます。コイルは10mm厚の木板に嵌め込み接着します。詳細は図面を見て下さい
磁石は直径20mm厚さ5mmのネオジウム磁石を使用しました。電圧を上げるためにコイルは4個直列にして電球に結線します。
発電器を回すと40ワットの電球が点きました。電球が光っている動画を見て下さい。出力波形を見てみると毎分50回転で90ボルト程度発電しています。

強力手回し発電器図面(PDF形式)

強力手回し発電器動画(WMV)

強力手回し発電器

強力手回し発電器
強力手回し発電器

強力手回し発電器出力波形動画(wmv)

強力手回し発電器
強力手回し発電器器出力波形


目次へ戻る